トイレの花子さんvs屈強退魔師 3話 反抗する気もなくなるくらいに突いてやろう

トイレの花子さんvs屈強退魔師

トイレの花子さんvs屈強退魔師 3話のあらすじとネタバレと感想

 

loopsoft先生の人気エロ漫画、トイレの花子さんvs屈強退魔師 悪堕ち膣内に天誅汁連続出しの3話のあらすじとネタバレと感想を紹介していきます。

 

 

逃げ場を失って得体のしれない男を目の前にして恐怖心を抱くトイレの花子さん。

そんな花子さんに近づいて、男がとった行動は……

もちろんエロ漫画ファンの期待通りに着ている洋服をビリビリビリッ!です。

まだ毛も生えていない処女マンコに無理やり棒の様に長い巨根を押し込まれた花子さん。

あっという間に子宮も破られ滅茶苦茶に強姦されていきます。

果たしてトイレの花子さんの運命は!?

 

 

トイレの花子さんvs屈強退魔師を無料で読めるページはこちら

▽▽▽クリック▽▽▽



我慢はイケませんよ~(*´▽`*)

 

 

トイレの花子さんvs屈強退魔師 2話 悪霊退散!追い出すまで聖液を膣内に注いでやるはこちら

 

 

トイレの花子さんvs屈強退魔師 3話のあらすじ

 

花子の冷たい膣口に熱い巨根チンポを捻じ込み、初心な子宮を亀頭で嬲り犯していく退魔師は、凌辱の手を緩める事なく、子宮の奥まで白濁に染めようと、再び精液を注ごうと腰をうねり犯していきます。

 

亀頭に裂かれた花子の小さな膣肉は、退魔師の巨根チンポの肉に全てが埋まり、広げ押し上げてくる亀頭によって子宮は広がり、やがて快感を感じ始めてしまったのか、亀頭を包み込む様に柔らかくなり始めていました。

 

膣と子宮の未発達な硬さ。

 

処女特有の破瓜の感触を味わいながら、処女膜を裂かれたばかりの花子の性感帯は苦痛から快楽へと堕ち始め、悲鳴と快感を混濁させたまま退魔師の腰の動きに弄ばれていました。

 

処女の膣肉の初心な柔らかさに、巨根チンポを膨らませながら、悪霊と宣ていても、ここは生娘なのだと、裂かれた破瓜の膣肉の感触を味わい、花子を犯していた退魔師。

 

極上の美少女を犯す快感に酔うも、これは除霊の為だと己の使命を果たす為に、彼女の子宮に特濃の精液を噴き出していきます。

 

子宮を暴れ尽くす亀頭の先端から白の聖なる精液を注ぎ、花子の子宮は流し込まれてくる白濁の精液を受け止めてしまいます。

 

子宮を膨らませていく精液に抗う様に、退魔師を憑り殺そうともがく花子。

 

でもそんな動きなど臆する様子も無く、退魔師は揺れる彼女のブラウスを裂いて、乳房を曝け出してしまいます。

 

乳肉が実り上げ、爆乳となってしまった乳房が揺れ、性欲をさらに刺激された退魔師は、張り上がる巨根チンポをうねり上げながら、精液を噴き出していた子宮にさらに亀頭を押し込み、さらに精液を注いでしまいます。

 

お腹が裂けてしまう精液の流動に、意識を失いそうになる花子。

 

膣口から精液が零れ、膨らんだ子宮は退魔師の精液に満ちていました……

 

 

トイレの花子さんvs屈強退魔師 3話のネタバレ

 

自分を犯す退魔師から逃れる術がなく、抗うも圧倒的な力の差の前に、彼女の微かな抵抗など意に介した様子も無く、花子の内側を激痛と快楽で染め上げてくる退魔師に、大量の精液を注がれてしまいます……

 

身体を燃やす様な熱さの精液に身を焦がされる様な痛みを感じながらも、意識を混濁させる快感に意識が消失しそうになり、自分が壊されてしまう感覚に抗うも、逃げようとする花子を簡単に抑え込み、無理矢理に巨根チンポを口に捻じ込まれてしまいます。

 

愛らしい口を乱暴にしながら捻じ込まれていく巨根チンポに、むせ返りながらも舌を嬲られ、上を転がる亀頭の味にむせ返りながら、頬を押し上げてくるチンポのうねりは、花子の口を淫らに汚していきます。

 

やがて亀頭の鈴口から熱い精液がこぼれ始め、舌先に雫が垂れ、むせ返る精液に呼吸が乱れた瞬間。

 

白濁の精液が大量に流れ込み、花子の口を白く染め上げてしまいます。

 

むせ返る精液の味に、舌が火傷をしてしまう程の熱を浴び、頬を膨らませる退魔師の精液を胃に注がれ、喉へと流し込まれた精液に咳き込みながら、花子はこの一瞬の隙を見逃しませんでした。

 

彼をくびり殺そうとする花子の殺意。

 

でもそんな事を見透かされ、背後を捕られ美尻を鷲掴まれてしまいます。

 

爆乳な乳房の様に肉厚の詰まった美尻を掴み、そのまま亀頭を膣口へと近づけ、後ろから犯し始める退魔師。

 

成すすべもなく、もはや悪霊としてのプライドすら壊されてしまい、犯されるだけの精液便所と成り果てていた彼女。

 

膣内を掻きまわしていく巨根チンポに子宮を叩かれ、子宮を破裂させてしまう程の精液を注がれながら、彼女の悪意は消失してしまいます。

 

精液が何度も、何度も注がれていく時間が過ぎても、除霊と名の借りた凌辱は収まらず、犯されていく花子。

 

でも、この凌辱はまだ終わる気配を見せません……

 

 

トイレの花子さんvs屈強退魔師 3話を読んでみた感想

 

個室トイレで除霊レイプと、退魔師の汚っさんの巨根チンポと、妊娠確実な特濃精液を注がれてしまう白濁な凌辱展開で進んでいく第3話。

 

花子さんの幼い膣肉が、性欲に塗れた汚っさんの巨根チンポを貫かれてしまうと、子宮が悲鳴を上げながら犯され感じてしまうと、退魔師の除霊レイプに待った無しな内容となっており、処女の膣肉を貪り喰らう巨根チンポの前に、流石の花子さんもお手上げ状態。

 

何はともあれ、この退魔師……もはや人間かと思うぐらいに花子さんを徹底的に凌辱し、聖なる加護の聖液を大量に注いでいくと、もはやどっちが悪霊なのか解らない様な存在感の前に、花子さんの子宮は白濁の精液一杯と、悪霊なのに可哀想な彼女に一切の情を掛ける様子も無く犯し抜いていきます。

 

身動きがとる事も出来ず、もはや悪霊の様子を見せていない花子さん。

 

最初は威勢よく抵抗していた悪霊の殺意はすっかりと成りを潜めてしまい、膣内を掻きまわしていく亀頭の前に、子宮を膨らませる特濃精液を流し込まれ、トイレの花子さんが、精液肉便所と化してしまうと、退魔師のおチンポに勝てなかったと、堕とされていきます。

 

そんな時間が過ぎていく中でも、退魔師の汚っさんの性欲は尽きず、犯され続けていた花子さんに変化が見受けられるのですが、そんな事ぐらいで除霊レイプを緩める様子の無い退魔師の汚っさんと、まだまだ終わる様子の無い凌辱劇と、続きが気になる内容となっています!

 

 

トイレの花子さんvs屈強退魔師の無料試し読みはこちら

▽▽▽クリック▽▽▽



花子さんのエロ~い姿をご堪能下さい(*´ω`*)

 

 

トイレの花子さんvs屈強退魔師 4話 やめて…わたしもう元に戻ってるのに…!はこちら

 

トイレの花子さんvs屈強退魔師を無料で読むやり方は、こちらのページで詳しく紹介しています。

トイレの花子さんvs屈強退魔師を無料で読む方法とネタバレはこちら